僕が今注目しているのぼりについて

僕がのぼりを見る場所と言えばお店の前や道路脇や屋台などいろいろです。そこで最近よく目にするのぼりがたこ焼き屋ののぼりです。僕が学校へ投稿する途中に毎日のようにたこ焼き屋ののぼりを見ます。僕はまだ一度も言ったことがないのですが、友人からはおいしいとよく聞かされてるたこ焼き屋です。毎日学校への行き帰りで食べてみたいとは思っているんですがなかなか機会がなく食べれずじまいのままです。なので今注目しているのぼりはたこ焼き屋ののぼりです。次によく見るのぼりは塾の勧誘用のぼりです。これは5年位前からずっとあるのぼりです。僕も最近では毎日のように見るのぼりなので特に気にしてみてはいませんが、僕の一番なじみ深いのぼりと言っていいと思います。最近のぼりを見る機会が徐々に減っていっている気がします。でも昔からずっと見てきたのぼりが少なくなっていることには少しさびしい気もします。のぼりがなくなっていくことは仕方のないことなのかもしれませんが、それでもやっぱりさびしいですね。極端な言い方をすれば僕の日常にはのぼりが不可欠になっています。なのでこれからものぼりを見るたびに少しでも意識をしていきたいと思っています。

営業戦略に必要なのぼり。その効果はどれくらい?

今回は、会社などの店舗外に設置してあるのぼりについて書いてみたいと思います。みなさんよく目にした事があると思いますが、新製品登場とか新装開店、新台入替、リニューアルオープン、只今バーゲンセール中。などキリがないほどたくさんの種類があります。パチンコ店などは、駐車場にかなりの量の上りを立てています。前の道路で信号待ちしてたらほとんどの人の目に入ります。見た人の中でそれならパチンコしようと思いなかに入っていくひともいるでしょう。問題は上りの数もそうですが、上りに書いてある文字や文章が大事な気がします。その文字が売上や来店率に影響するんですね。簡単に考えて、インパクトのある一言!これに尽きると思います。しかし、一年中同じのぼりを立てていても効果はありません。何種類かを状況やイベントによってこまめに変えていって、顧客にもアピールした上で定着しないといけません。店舗外ののぼりの問題点は、台風や風の強い日などは毎日取り入れてから帰宅しないといけない点です。台風でほっとけばのぼりはボロボロになって使えなくなります。目の前の道路まで飛んでいって交通事故や歩行者の人に怪我をさす恐れもあります。上りの管理も手間がかかり大変です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*