役立つのぼりの裏わざとして間隔を知っておく

鉄道などに乗っていると、窓の景色を見ることがあります。通常は、街中の風景を見るということになるのですが、いろいろな広告が目に入るということがあります。ビルの屋上にあるものであったり、側面にあるものなどです。線路から近いところにあるという場合、すぐに見えなくなってしまいますが、少し離れていると、ゆっくり迫ってきて、ゆっくり離れていきます。外を眺めている人には非常に広告効果があるということになるかもしれません。これは、高速道路などにもあるようです。少し高いビルなどは、防音壁よりも高いところに屋上などがあります。そういうところに広告を設置するのです。平面のものもあれば、立体式のものを置いておくということもあります。そういった広告を設置するという場合、やはり、しっかり見てもらうということが必要になります。鉄道の駅に平面の広告が設置されていることがあります。駅を通過するというときほとんど見えません。となると電車に乗っている人にはあまり効果がないということです。でも、対象はその人ではないです。ホームで電車を待っている人ということです。その人たちが正面を向くと自然にその広告が入ってくるように設置されています。

そこで行われている広告といいますと、その駅付近のものの広告が多いということです。その駅付近に住んでいる人や、仕事をしている人にアピールしているということになります。効果があるように、設置をしていくということになります。では、役立つのぼりの裏わざ的な設置方法があるかです。良くお店の周りなどに設置されているのを見かけます。意識はしていないものの、それに誘われて入っていくということもあると思います。それにはきちんと仕掛けがしてあるということです。そのポイントとしては、間隔があります。お店によっても違いますが、複数本立てかけるということがあります。コンビニエンスストアであったり、ファミリーレストランなど、比較的大きい店舗です。こういったところでしっかり見てもらうための感覚としては、大体1メートル80センチ間隔ぐらいが良いということです。また、広告の対象を誰にするかということもあります。歩行者なのか、自動車なのかということです。こちらにおいても、間隔は変わってくることになりそうです。

でも車でも人でも、この1メートル80センチというのは一定の効果を得ることができるということです。間隔がわからなければ、まずはこちらにしておけばよいということです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*