牛丼チェーン店ののぼりに支えられる父

「1番安いときで、牛丼が270円と缶コーヒーが120円で、合計390円だな」というのは、父が日頃から勤めている会社で働いているとき、お昼の休憩時間を過ごすにあたって、1番安くでお昼ごはんを済ませた日にかかる金額のことです。父は今、一般企業に勤めていて、毎日営業まわりに汗を流しているサラリーマンとして働いています。営業まわりという仕事をしていると、いつでも顧客側に合わせてタイムスケジュールを組まれてしまうため、いつ本社に戻ることのできる時間があるかわからず、お昼休憩をいつとることができるのかということも、はっきりと決まっていないそうです。場合によっては、お昼休憩というよりも、トイレ休憩のような時間しかないときもあると言います。

そのため、営業先にいつ食べられるかわからないお弁当を持ってまわるわけにもいかず、父のお昼ごはんは、その全てが外食で済ませられることになっています。それにあたって父は、お昼ごはんにかかるお金をより安くで済ませるために、毎日のようにチェックしているのぼりがあると言います。それは、大手の牛丼のチェーン店に立てられているのぼりです。最近では、牛丼をお店のメイン料理として、オリジナルの丼料理を提供しているチェーン店が多くあるのですが、父はこれらの外食チェーン店によって、自分のお昼ごはんが支えられているといいます。それは、時にお小遣いが足りずにお昼ごはんに悩んでしまった場合、ここで牛丼を食べることが、1番安くてお腹が膨らむものになるからでした。父がこの牛丼チェーン店ののぼりをチェックしているのは、元々安い牛丼が、期間限定でさらに安くで食べることのできるという、キャンペーンが行われることが多々あるからです。父は、携帯電話のメルマガ会員登録をしているため、携帯電話でもそのキャンペーン情報を確認することができるのですが、アナログ人間の父は、こののぼりの情報に頼っていました。

牛丼が安くなるというキャンペーン情報の掲載されているのぼりを見た父は、その日のお昼ごはんに牛丼を食べることはもちろんのこと、そのキャンペーン期間中は、1日おきにそれを食べたりもするそうです。このように父は、のぼりの情報があってこそ、お昼ごはんにかかるお金を浮かせることができていて、そののぼりの存在に大いに感謝をしていると言っていました。父にとってのぼりとは、大いに役立つ情報が掲載されているものでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*